「ほっ」と。キャンペーン
2010年 09月 17日

研究会:野点専科001

テーマ「野点空間の方向性」―野趣第一主義―
          国際野点今日顔20100914 19:00―

01.ゾーニングと動線
02.客の視空間
03.床飾り
04.床間の位置
05.客付き
06.居替りの有無
07.本席の構成

ステップ
事前.設営計画の立案
事後.ポートフォリオの作製
将来.野点のタイポロジー 分析と解説

講師:竹内亨(たけうち とおる)建築科 江戸千家教授
参考著書:「”しくみ”で解く茶室」竹内亨著
発行:(株)風土社 ISBN4-938894-77-7
定価:1980円(税込)

==================================
<松浦>
実践第一にこれまで活動してきた野点協会、念願で、初の「研究会」が開催されました。
ただ楽しいだけで終わらない野点人。なぜ楽しいのか、どうしたら楽しくなるのかを科学します。
第一回は建築家の竹内亨先生。朝日新聞のご縁あって、茶室の読み解き方を講義していただいて以来、すでに7年が経過。その間も、「心情シンパ」を自称し、何かと応援いただいてきました。
今回の講義で、野点の「偶然性」による演出とは別に、「計画的」空間の創造や、土地の造形を把握し活かす「現地主義」も加わり、野点空間が重要な実験室として、野点人を育ててくれると確信しました。
「野趣第一主義」の言葉を賜り、今後の野点ロケハンが一層スリリングになります。今後の展開に生かされるヒント(課題)満載の講義でした。
ありがとうございました。
[PR]

by nodate | 2010-09-17 00:28 | イベント報告


<< 陣馬山パノラマ野点迫る!      2010年キャニオニング野点(... >>