国際野点協会(INA)

nodatejin.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 29日

20101120「開く茶会」に寄せて

野点人 各位

11月20日の「開く茶会」…本当に、好日を絵に書いたような幸せな一日でした。生きていてヨカッタ!と強く思う日でした。

人が集まるということに、一体どれだけの作用があるのかと、計りしれない可能性の大きさに、野点協会のロゴマークをしきりと頭に浮かべる日でした。

今回の手の込んだプロデュースと、ちゃんと二人三脚して取り組んでいただいた、木村晋平様、小峰美由紀様に、改めて「人生の素晴らしい時間をありがとう」と深謝申し上げます。

予定時刻より随分、早くから準備をしてくださったお二人には、感謝状を出したい気分♪♪御持ち出しも多かったはずです。

また、御集りいただいた皆さんの勘の良さ、優しさ、茶人ぶりに多いに感激しました。ルビー色の地球の「血」に恵を感じ、緑の一碗に巡る自然の再生能力を分けてもらい、皆様の料理に心潤い、茶室とお鍋に温められました。

「場」を作るきっかけを作っただけなのに、様々な才能が開花する花畑の傍らにいさせていただいております。
国際野点協会が、益々発展し、多くの才能と優しさが地球のそこここに集まっては、協力な磁場を結成し、自然にほぐれて散っていく…そんな流れを作りたいと思います。参加する皆様にとって、自分を活かしきる場でありますように。

多くの人がこの協会の発展と、野点が世界を変えることを祈っています。
「野点する」という意味が、単なる一つの「動詞」としてとらえられるようになるまで、人間の生活習慣の「あたりまえ」になるまで、どうかみなさん、ずっと一緒にいてください。

                  国際野点協会代表 松浦ひかり
[PR]

by nodate | 2010-11-29 00:27 | ご挨拶


<< 2010年お世話になりました。...      「開く」野点茶会レポート >>